ニーズに合わせたレッスン内容

本を読む

塾にも英会話スクールのようなマンツーマンレッスンが受けられるところが急速に増えてきています。
マンツーマンで学ぶ塾の良さはやはり生徒ひとりひとりへの細やかな配慮と言えます。
学校で苦手としているところを補うのが塾でもあり、学校ではそこまで細かく教えないけれどもその生徒の進学にとっては必要なことなども学ぶことができます。
マンツーマンや少人数での授業を行うことで生徒は質問もしやすく、分かるまで繰り返し習うことができます。
先生にとってもその生徒がきちんと理解出来ているか、どこで分からなくなっているのかなどを把握しやすく、その生徒に合わせた授業内容を組むことができるのです。
マンツーマンの授業では先生と生徒の会話が自然と増えるために、コミュニケーションを取りやすくもなるのです。… Read more

目的別に選ぶ

オレンジ

学校は同じ校区内に住む同学年の生徒たちが通い、クラス分けも学校側が指定したクラスとなります。一方、塾の授業内容、クラス分けは学校よりも細かくなっています。
学校は大人数に対し教師一人というスタイルがほとんどです。そのため質問がしにくい、もっと先の部分を勉強したい、進路に特化した勉強がしたいなど生徒ひとりひとりに合わせた授業展開が難しい部分があります。
その点塾は、生徒の学力レベルや進路に合わせたクラス割や、苦手学科のみを集中的に学ぶことができるのです。そのため塾は学校の補佐的に通う人が多いのです。… Read more

スキルアップに合わせた習い事

少女

何か勉強をしたい、何かを身につけたいと思ったときに塾やスクールなどに通います。
習い事の種類は今では多岐に渡っています。語学やダンス、料理、音楽など、様々な分野のスクールの中から自分が興味あること、学びたいことを選ぶことができます。
習い事は子どもから大人まで老若男女問わず通うことができます。
しかし各塾やスクールによって生徒の年齢層などには多少の偏りがあります。
進学を希望している生徒や人は塾に通います。
生徒にとっては学校よりも塾のほうがより特化して学ぶことができます。学校で苦手な学科や分野を選んで、その授業だけが受けられるのも塾の特徴です。
学生がほとんどの塾と違って、多くの大人も通う場所のなかで人気なのが英会話スクールです。
英会話スクールでは外国人とコミュニケーションを取ることを目的としているために、英単語や細かい文法よりも会話中心の授業展開が多く見られます。
英会話スクールでは日常生活により近い会話ができるように工夫されていたり、日常の様々な場面を想定して英語で会話する授業が行なわれたりしています。
また塾の進学に特化した授業内容に比べ、英会話スクールは留学に向けた授業、旅行で使える授業、ビジネスシーンで使うための授業などさらに細かくクラス分けされていることが多いです。
最近の英会話スクールの場合テキストなどを一切使わず、お茶しながら会話を楽しむスタイルのところも増えてきています。
Read more

Categories
Links: